teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


劣化確認

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年11月10日(金)13時12分41秒
返信・引用
  昼休みに、車庫の屋根裏35年以上ほっとらかしに置いていた、500sのフロント
フェンダーとエキパイの劣化確認とメンテしておきます。

まずはフロントフェンダー。
下から見ていると、あたかも日焼けして表側が白くなっているかと思っていたら、
単に埃だけで白く変色はしていませんでした。
画像では色焼しているように見えますが、カメラのせいで焼けてはいません。

昔からオプションのダウンフェンダーを装着しているので、将来また取り付けて
走るかは微妙ですが、転売するつもりもないので、ワックス掛けして元の位置に
戻します。

純正エキパイも、現在メッキのエキパイにしているので、このエキパイを装着する
ことは殆ど無いと思いますが、こちらも転売しないで在庫しておきます。
外側には目立つ劣化はありませんが、内側には多少錆が散見されます。

時間のある時にでも、錆取液にでも漬けてから、潤滑スプレーでも吹いておきましょう。

エキパイの裏側には、500s専用として「435」が刻印。

 
 

弥彦神社

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年11月 8日(水)22時39分57秒
返信・引用
  かあるさんへのお返事です。

弥彦神社は、10年以上前から気になっていたものですが、XLOCも含め
すべて時間が押している為に、いつもスルーしてました。

今回、キャンプ泊でなかったので、その分脱線時間が生じた為に行ってみました。

恋人と別れるというのは、初めて知りました。
それでも歴史ある神社なので、空気感が違ってましたよ。

合宿の民家では、かあるさんと共通のライダー仲間のMさんと一緒でした。
雨の中、私に会う為に走ってきてくれたみたいで、すまない気持ちになります。
そういえば2年ぶりに会ったのかな?
夜は仲良く隣りあわせで寝てました。(勿論、特に問題になることはありませんけど。) 
 

Re: 関西ツーリング

 投稿者:かある  投稿日:2017年11月 8日(水)19時01分16秒
返信・引用
  > No.1593[元記事へ]

こんばんは~
弥彦神社って懐かしい。
学生時分は、長岡から信濃川沿いでツーリングで行ったものです。
ただ、この神社は恋人と行くと別れるというジンクスがあって、いつも1人でした。
いや、元々、恋人はいなかったのですが。
当時、まともにお参りもしなかったので、いつの日にかは、また行ってみたいと思っています。
 

恐竜博物館

 投稿者:リチャアド  投稿日:2017年11月 5日(日)19時19分43秒
返信・引用
  小浜に行く途中に、勝山市の恐竜博物館に立ち寄ってみました。

施設は地下3階まで降りてから、恐竜を見学。
恐竜は詳しくはないのですが、見覚えのある恐竜が目白押しで、
多数展示されてます。

じっくり見るには時間がかかりそうなので、さらっと見ることに
しますが、説明ボードを読むのも大変です。
まずは、大きさに圧倒され、保存状態の良さに感心しました。

小浜では、大阪のライダーの他に、浜松に松山、和歌山と神戸と
馴染みのライダーとの合宿を楽しんできました。

 

関西ツーリング

 投稿者:リチャアド  投稿日:2017年11月 2日(木)17時48分32秒
返信・引用 編集済
  関西のソロツーリング仲間から、毎年恒例の小浜市近郊での合宿のオファーが来たので、
星空の下出発しました。

幸い雨にもあたらず、気温も12℃程度で快適?に走って、いつも気にはなっていた新潟
の弥彦神社を下見して、ついでに東京電力の刈羽原発の広報センターに立ち寄ってみま
した。
平日なので貸し切り状態。
じっくり見ると結構時間がかかりそうなので、切りの良いところで退散します。

本来なら黒部でキャンプでもと考えましたが、小浜では茅葺き民家を使用する為、
今回は魚津のビジネスホテルで一泊します。
 

4月車検なのに前倒し

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年10月31日(火)16時32分30秒
返信・引用
  今日は500sの車検で陸運支局まで行ってきました。
しかも、火曜日なので結構検査車両は混んでいると思い、あえて最終ラウンドを
今朝予約してのことです。

予備検査の為、ライトの調整に立ち寄りました。
先日、レンズリングの圧着トラブルの為、上下左右ともすべてデタラメ仕様。
今日は木枯らしが吹いて寒い為か、先客2台の四輪が居ましたが、すぐライト
を診てくれました。
テスター料は550円。 以前は400円だったのに、2年前から値上がりです。

陸運支局の窓口担当から、「車検が4月までありますが、いいんですよね?」
と言われてので、「はい。前倒しでかまいませんから。」と答え、「じゃ、
検査受けてきてください。」

ということで検査ラインに向かうと、さすがの最終ラウンドでガラガラです。
検査官も手持ちぶたさで、椅子に座っている人も見受けられます。

検査スペースで保安検査一式やります。
近ずいてきたのは若い検査官。
おきまりの保安検査をして、ハンドルロックとハンドル幅の計測といつもと
変わりませんが、最後に「このマフラーは純正ですか?」

やはりきたなと思い、先日マフラーOHした際に、マスキングしておいた
HM*********の部分を指さして、「HMっ刻印されているので純正ですよ。」
と答えると、何も言わず納得した様子。

排気ガスは旧車なのでパスし、調整してもらったライトも一発で合格。

雪国の場合、11月末にはもう春まで乗りません。
ということは、4月に車検を更新しても、今日車検を前倒ししても、
結局乗ることはありません。

春の陸運支局の検査場の混み合いや、予備検査場での待ち時間を考慮
すると、今の時期が一番混まないで車検を取れると判断してのことです。

リアタイヤは、9月に別所温泉でXL仲間のMさんから頂いたもの。
タンクとシートはノーマルに戻さないと、また改造申請しなくてはならないので
いつもこの状態で受検します。

 

Rキャリパ組み付け

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年10月30日(月)17時09分16秒
返信・引用
  今回、キャリパ組み上げるに、初めてブレーキ用スプレー式グリスを使ってみます。
しかも二硫化モリブデン入りの真っ黒なグリスです。

ピストンの虫食いの穴も気になって、いくらかでも穴が埋まれればと思っての事
ですが、気やすめ程度かと・・・。

Oリングとキャリパボルトだけは、従来のブレーキ用グリスを使用しました。
以前使用していた中古のパッド残量があった為に、パッドの片方のみ利用。


キャリパ本体をスイングアームに取り付け、ついでにブレーキオイルも総入れ替え
しておきます。

リアキャリパのエア抜きですが、最初は注射器でやってみます。
初めはエアとともに、二硫化モリブデンが吐出されてオイルは黒くなってました。

ただ、最終段階ではマスターシリンダの吐出量が多いせいもあり、通常のエア
抜きで十分エアは抜けました。

これでリアのリム錆とキャリパの固着は完了です。
 

RキャリパOH

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年10月29日(日)11時54分19秒
返信・引用
  昨日の夕方にキャリパの分解をしてました。

パッドピンの油脂の感覚が無くて、パッドのスライド感がありません。

とりあえずOHしてみます。

肝心なピストンは想像していたように、ガッチリ動く気配がないので、
エアで押し出してピストンを抜きました。

フロント側よりは、ピストンの虫食い穴も少なめです。
所々に錆も発生しているようなので、ここはピカールで地味に磨いて
汚れや錆を除去しました。

Oリングやシールはフロント側と共通部品なので、今年の1月入手の
手持ち在庫品を使うことにします。
 

Rリム・錆対策

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年10月26日(木)21時37分55秒
返信・引用 編集済
  数日ばかり昼休みの合間に、少しづつ作業をしてみました。

リアのリムは、意外にもフロント程は錆ていませんでした。
リアはリムバンドとチューブのみ新品と交換してみます。

フロント同様、錆を落としてから錆止め液を塗った後に組付けていきます。
あわせて、ベアリングにもグリスアップしておきました。

最後はバランスをとって完了。



スプロケット関連は未装着でも、ほぼ21㎏もありました。
全体とすれば25㎏越えかもしれません。
昔のバイクはバネ下重いんですね。
まっ、川重なのでとくに重いか・・・?

ちなみにタイヤを外す際に、リアブレーキが固着してました。
春には何とかイケルかと思っていたのですが、対処済のフロントのWキャリパ同様
こちらもOHしていかなければならないようです・・・。
 

錆対策作業

 投稿者:りちゃあど  投稿日:2017年10月22日(日)15時53分6秒
返信・引用 編集済
  ある程度錆を取ってから、サンドペーパーで地味~っに細部を落としてから、
錆止め処置をしておきます。
完全には錆は落とせませんが、とりわけビート部が綺麗になれば十分です。

錆びた箇所に塗ると、その部分が化学反応して紫色に変化します。
本来は錆を除去しないでそのまま塗っても良いのだそうですが、今ひとつ
そのままにしておく気にはならなくて、丁寧にペーパー掛けした上に
塗っておきます。

今回はリムバンドとチューブにタイヤと交換しますが、ビートクリームを厚め
に塗って組み込みます。
ついでにベアリングにもグリスポンプでグリスアップしておきます。

組み込んだ後は、バランス取りをして完了。

ちなみにタイヤ関係を除くリムとディスク全般の重量は9.5㎏。
タイヤを組み込んでの重量は15㎏。
意外にタイヤとチューブは重かったです。

次はリアタイヤを外して錆の状態を診てみます。
 

レンタル掲示板
/159