teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


なんとなく

 投稿者:松本  投稿日:2009年11月 1日(日)03時43分34秒
返信・引用
  現状では廃炉の技術がまだまだ確立されていないので手探り状態です。そのため予想以上にコストがかかっているのだと思います。ある程度廃炉技術が確立されればコストは下がっていくものと思います。
またアメリカのメーンヤンキー原発の廃炉措置ですが50%が放射性廃棄物となるという話ですがこれは確か施設すべての内の50%ではないと思いました。炉心周りの構造物の50%だと思います。
ちなみに廃炉の費用は今の原子力発電のコストの中にも含まれています。「原子力施設解体引当金制度」というものがあり電力会社は解体費用を積み立てています。ただ現在の積立金ではすべての原子炉を廃炉にはできないのでここの費用の試算を出すのは面白いと思います。
正直廃炉コストを出すのは不可能だと思います。なんせどこの国にも「商業炉」の解体の実績がないのですから。ただバックエンド部分に関しては試算はできると思います。

まあ原子力発電は決してbestな発電方法ではありませんが現状では最もbetterな発電方法だとは思います。これから何十年も原子力発電よりもbetterな発電方法がない限り続いてはいきます。(それはきっと核融合でしょう)その日が来るまでもっとbetterにしていかなくてはいけないんですよね。
 
 

まとめ

 投稿者:市来智之  投稿日:2009年10月31日(土)04時42分37秒
返信・引用
  原子力(予想)  8.8円/kwh←核燃料サイクルにより、半永久的に使えるが、放射性廃棄物の問題は、長期的にみると、システムの持続性の問題点つまり、環境問題となるので永久は無理。

石炭火力(現在) 6.4円/kwh←ccs、環境税、高騰などを考慮すると、まだあがる。なおかつ、100年内にコスト高、もしくは枯渇で使用不能になる可能性が示唆される。

太陽光(2012年予想)24円/kwh←どれだけコスト削減可能化不明。ただ、資源の枯渇の問題もなく、永久に使えるのは確か。現在の変換効率で利用可能な太陽光エネルギーの総量自体は現在の使用料の7.9倍。蓄電能力が、15%以上あれば、賄える。

風力       15円?/kwh←専門じゃないのでわからないですがこのくらい?

水力       13.6円/kwh←これ以上下がる見込みはないのでは。。
 

今ざっと計算してみて

 投稿者:市来智之  投稿日:2009年10月31日(土)03時04分28秒
返信・引用
  年間にかかるコストが1兆円くらいだと+2.5円/kwhになります。
ですので、廃炉時代での1年間で0.5基処理するとしたら、発電コストは、8.4円/kwh。

使用済み核燃料と廃炉の最終処分場、核燃料サイクル(または、燃料の高騰)にかかわる土地の住民に対する電源三法交付金が現在の倍になると仮定して1600億円とすると、8.8円。
これが妥当な値ですね。

原子炉を増やすと、廃炉と必要となる処理場も増えるので、コストは増大するでしょう。

解体技術の向上に期待して、一基当たり2兆円で試算していますが、もしかしたら、イギリスのようにアメリカの施設の50パーセント以上が処理が必要になった場合は、この倍はかかることが予想されます。
また、国内の処理が不可能になれば、国外?ということになるのでしょうが、安全保障の問題が絡んでくるので、どの程度コストを見ればいいか分かりません。

以上のことから、
最低8.8円ととらえるのが妥当でしょう。
 

廃炉時代と最終処理コスト

 投稿者:市来智之  投稿日:2009年10月31日(土)01時47分7秒
返信・引用
  wikiに掲載されている内容を要約しておきます。

2010年度以降源氏力発電所の廃炉時代が始まる

廃炉に関するコストは当初非常に少ないものとして発電コストに反映されてこなかったが、
試算が甘すぎたこと、技術力が不足してたことなどで、各国で膨大な費用がかかっている。

イギリス 11兆円の処理コストがかかる
アメリカ 施設の3パーセントが放射性廃棄物として処理する想定をしたが(日本も同様で2兆5千億円程度と試算している)、実際は50パーセント以上が放射性廃棄物としての処理が必要となり、当初の想定を大きく上回るコストがかかっている。

また、核燃料廃棄物同様、廃炉から排出される廃棄物の最終処理施設は決まっていない。


ちなみに、原子力発電のコストは、5.9円/kwh(ただし、試算の不能な廃炉は含まれていない、当然電源三法交付金のコストも入らないちなみに毎年824億かかっています)


電源三法とは、電源開発促進税法、特別会計に関する法律、発電用施設周辺地域整備法の総称です。
原子力発電に関しては、基本的にNIMBY問題も誘発して住民は合理的な行動として反対活動をします。
安全性を理解しているかとかそういう問題以前に、住民は、反対することによって原子力発電を誘致することで適応される電源三法から得られる利益を最大にする行動をとるのは当然だということです。

原子力誘致に伴う住民に対する補助の例としては、玄海町の厚い福祉などを思い浮かべていただければいいと思います。

まあ、考えてみてください。
 

(無題)

 投稿者:00  投稿日:2009年10月28日(水)00時23分34秒
返信・引用
  素晴らしいご質問ありがとう!
市来くんの指摘はもっともです!
本日天野先生からのアドバイスにもあったんだけど、全体をシステムととらえてそれを細分化して計算(見積もり)を出していくといいらしいよ!
(俺も詳しく勉強しないといけないんだけど・・・)
でも最終処分コストがかなり低いことには驚いたね。最終処分場の誘致議論は当然していかないといけないだろうけど、エネルギーコストで考えると、それほどネックにはならない気がします!ご意見お願いします!


昨日は『原子力の日』記念講演で、われわれにとってダイレクトな話題を各先生方が御講演下さいました。
元東京大学総長、元文部科学大臣の有馬先生の御講演は大変素晴らしいものでしたが、その中でも、格別の情報がありました。
原子力の稼働率を現在の60%から90%に引き上げるだけで、7%もの削減が可能だそうです。
議論してまいりましょう!
 

無理かもしれないが・・・

 投稿者:市来智之  投稿日:2009年10月24日(土)01時36分22秒
返信・引用
  無理かもしれませんが、放射性廃棄物の処理コストなど原子力発電の総合的なコストの試算ってできますか?(事故などの損害賠償など含む)

NGOなどの試算はあてにならないらしいですが、試算を出そうとしない電気事業連合会も胡散臭いもので、正直、どっちもどっちという感じです。

実利主義の僕としては、とりあえず、原子力が本当に安価なエネルギーだという根拠が欲しいです。

また、最終処分場が決まらない場合の施策としてはどのような手段が考えられ、どれだけコストがかかるのかとかも気になります。

とりあえず、コストが気になります(笑)
 

原子力の展示について

 投稿者:松本  投稿日:2009年10月21日(水)01時38分59秒
返信・引用
  展示内容候補
1.高速増殖炉・・・今年度中には稼動する予定であり、次世代の原子炉として最も有力。
2.六ヶ所村再処理工場・・・今年度中に稼動予定。現在はアクティブ試験で問題発生のため休止中。
3.最終処分地・・・現在NUMOが公募をしているがどの自治体も公募してこないためまったく進んでいない。
4.高経年化対策・・・現在の炉は稼動してから40年経つものが増えていくため高経年化対策が必要。また新規で炉を建てるのが難しいため現在の炉を長く使う必要がある。
5.MOX燃料・・・玄海や伊方、浜岡などで装荷され今それなりにホットな話題。

とりあえず最終処分地の展示がいいのではないか。
提案としては新規に坑道を掘るのは資金が多くかかるため鉱山や炭鉱跡地などから選定できないか?
またあなたの土地に最終処分地が立てられてもよいか?などの(yes/no)アンケートをとる、などの意見が話し合いで出ました。
その他意見や要望などがあればどしどし書き込んでください。
 

teacup.掲示板 START!

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2009年 6月29日(月)14時40分3秒
返信・引用
  掲示板が完成しました!
掲示板のデザイン変更や記事の削除などは管理者メニュー(管理画面)から行えます。
また、ケータイでは50種類以上のデザインテンプレートが選べますので、ぜひケータイからのご利用もお試しください。(※ケータイ版も同じURLでご利用になれます!)

teacup.の掲示板はお一人様いくつでもご利用になれますので、用途に合わせて掲示板を作成して下さい。※この記事を削除してご利用下さい。
【記事の削除方法】
・掲示板下部の管理者メニュー(管理画面)からログイン
・左メニューより「投稿の管理」をクリック
・削除したい記事にチェックを入れ「削除」をクリック

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1