teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご紹介

 投稿者:AMAZONリハビリテーションライブメール  投稿日:2010年 4月14日(水)00時16分12秒
返信・引用
  掲示板をお借りします

突然のメールにて失礼します。
私はAMAZONリハビリテーションライブラリー運営担当の鈴木と申します。日本発のリハビリテーション専門書のインターネットショップとなるAMAZONリハビリテーションライブラリーは各専門分野別に本を分類することで購入する方以外の方にも「本の検索」として利用しやすいように整理されています。
取り扱いの本も約1500冊となり現在も新刊を更新し続けています。
ぜひ一度はホームページをご活用下さい。

AMAZONリハビリテーションライブラリー 鈴木健
http://library77.web.fc2.com/
librarylibrary77@yahoo.co.jp

http://library77.web.fc2.com/

 
 

画像追加

 投稿者:小林メール  投稿日:2009年 3月22日(日)05時54分52秒
返信・引用 編集済
  画像表示
(1)ここに示した内容のすべての版権は『シニア・らく♪らく研』に帰属
します。無断で複写、転載、改変および敷衍利用することを禁止します。
(2)ここに示した内容を利用する権益に対して『シニア・らく♪らく研』
から、金銭をはじめとするいかなる代償をも請求することはありません。
 

協会HP用原稿案

 投稿者:小林メール  投稿日:2009年 3月22日(日)05時48分55秒
返信・引用 編集済
  そぉっと、『私に席を譲って頂けませんか?』
身体に問題があって、公共交通機関(バスや電車など)で席が欲しい高齢者などが、優先席に座っている健常者にお願いする場面です。
〔情景1〕 本日は所用があって電車に乗りました。少し混み合っていました。私は外見では元気そうに見えますが、実は怪我の治療中で、立っているのがかなりつらいのです。優先席の前に行きましたが空席はありません。見ると元気そうな若者も着席して携帯を操作しています。なかなかのイケメンの青年です。優しそうにも見えます。私は勇気を出して、そぉっと言いました。『私はいま怪我をしていて、立っているのがつらいのです。私に席を譲って頂けませんか?』
青年は快く、『どうぞ』と言って立ってくれました。私は感謝をこめてお礼を言って着席しました。ほっとしました。立っていた時に感じていた痛みも間もなく消えました。

〔情景2〕 病院からの帰りに私はいつも市バスを利用します。きょうは始発からかなり混んでいました。私は一見元気そうに見えますが、実は腰痛で立っているとかなり痛むのです。その治療のために一日置きに病院に行くのです。優先席に行きましたが一杯です。座っている人の中に高校生らしい女生徒がいてワンセグに見入っています。元気そうな美人です。私は勇気を奮って、そぉっと言いました。『私はいま腰痛で、立っているのがつらいのです。私に席を譲って頂けませんか?』
この美人はぶすっと無言で立ってくれました。私は助かった思いでした。そしてお礼を言いましたが、彼女は無言のままバスの最後部の座席まで行って着席したようです。途中の歩き方を見て、この女性も膝が悪いようでした。私は、美人の隣にいた中年の健康そうな男性にお願いすべきでした。

〔情景3〕、〔情景4〕、・・・(省略)

優先席表示  川崎市営バスの例

シニア・ルネッサンス財団のSNS(Social Network Society)で、公共交通機関 (バス、電車) での情景がいくつか紹介されました。優先席に関係したものが多く、高齢者の立場からのテーマとして、標題の『そぉっと、私に席を譲って頂けませんか?』 というトピックが立ち上がりました。昨年の12月24日のことです。

このトピックに対して、多くのSLAの皆様からの書き込みがあり、2月13日現在で49件に達します。まさにSLAの面目躍如ともいうべき智慧深いものばかりです。中には『私に席を譲って頂けませんか?』 を口頭で言うのではなく、『お願い・・お席を!』などの文字を腕章などにして周知をはかるという具体案もあり、実際に腕章を試作してくださった方、そしてそれを電車で試用してくださって例もありました。

お願い・・お席を! 腕章の試作品 手前のオレンジリングは認知症サポーター用
これは追加画像で掲示します。

腕章のほかにも、バッジや名札の提案もありました。しかし一方で、腕章の表示などに頼らなくても、会話によって席が欲しいことを表現するべきで、それが気兼ねなくできるような文化と風潮を醸すのがSLAの役割だとする趣旨のご意見も何件もありました。


お願い・・お席を! バッジと名札の試作例

全国の公共交通機関では、優先席が設けられています。横浜市営地下鉄の例のように、全席が優先席というのもあります。その多くは、絵の表示があって、怪我人、妊婦、小児連れ、そして高齢者の4つが対象とされています。高齢者の絵には、大抵は杖が描いてあって、いかにも弱者のように見えます。

でも、高齢者といえども席に座る必要もない元気な方かも多いでしょう。また杖を持っているとは限りません。帽子でも着用していれば白髪や禿頭も見えず、高齢者とはわかりません。是非とも着席したいと思っても、優先席に座れる保証はありません。優先席に健康な人が座っていても、高齢者の状態を察知して席を譲ってくれるのを期待するのは無理でしょう。

優先席は普及し、その表示も判り易いものに洗練されてきましたが、実際に優先席に座りたい時に、これをどのように表現したらよいか、ここで皆様のご意見を、是非お寄せ頂きたいと存じます。そしてSLAとして何を心がけたらよいか、考えてゆきたいと存じます。

普通なら、席が欲しい人は、着席している人に、そぉっと、『私に席を譲って頂けませんか?』 とお願いすることになります。でもこれは、かなり勇気の要ることです。拒絶されて不愉快な思いをすることもあるでしょうし、お願いする側の見立て違いで、障害などで実は着席していなければならない人にお願いしてしまうことになるおそれもあります。

難しいケースもあろうと存じます。いろいろの場合に、どのように対処するのがよいか、お知恵をお寄せくださるようお願いいたします。そして必要があれば、公共交通機関を運営する会社等や、地方公共団体や、行政にも提言して参ります。


コミュニティー:シニアらく♪らく研(シニアが楽しく、楽になる研究)代表:石寺弘子
 トピック:そぉっと『私に席を譲って頂けませんか』 提案・小林正明 電話 044-977-1248/090-3332-7405
 

teacup.掲示板 START!

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2009年 3月22日(日)04時59分34秒
返信・引用
  掲示板が完成しました!
掲示板のデザイン変更や記事の削除などは管理者メニュー(管理画面)から行えます。
また、ケータイでは50種類以上のデザインテンプレートが選べますので、ぜひケータイからのご利用もお試しください。(※ケータイ版も同じURLでご利用になれます!)

teacup.の掲示板はお一人様いくつでもご利用になれますので、用途に合わせて掲示板を作成して下さい。※この記事を削除してご利用下さい。
【記事の削除方法】
・掲示板下部の管理者メニュー(管理画面)からログイン
・左メニューより「投稿の管理」をクリック
・削除したい記事にチェックを入れ「削除」をクリック

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1