24時 BBS




25件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[26] 傲慢無礼

投稿者: ねこパンチ 投稿日:2021年 8月10日(火)22時38分54秒   通報   返信・引用

おごりたかぶって、他人をあなどり、礼儀を知らないような態度をとること。 また、そのさま。
「傲慢」は、おごりたかぶって、他人をあなどること。 「無礼」は、礼儀を知らないこと。

ねこパンチと小馬鹿にする人(悪口・陰口・暴言)

いかにも人を馬鹿にして、侮辱、軽蔑した扱いをする。


https://abc5607xyz.blog.fc2.com/




[24] 士は己を知る者の為に死す

投稿者: 気質 投稿日:2021年 8月 9日(月)18時35分49秒   通報   返信・引用

立派な男子であれば、自分の真価をよく知ってくれて、認めてくれた人のためなら死んでもよいと思うものだ、
女性は、自分がそばにいると喜んでくれるような人がいればその人のためにお化粧をするものだ。

米 男尊女卑ではありません  米 現代でも通用する名言!!

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[23] 百八の煩悩

投稿者: 煩悩 投稿日:2021年 8月 7日(土)20時34分24秒   通報   返信・引用

煩悩

仏教で説く、衆生(しゅじょう)の身心を煩わし悩ます精神作用の総称。クレーシャkleśaというサンスクリット語が中国で「煩悩」「惑」と翻訳されたのであるが、
この語は「汚(けが)す」という意味合いももっており、そのために「染(ぜん)」「染汚(ぜんま)」などとも訳された。
またこの言葉は元来、不善・不浄(ふじょう)の精神状態を表す数多くの仏教術語のうちの一つであったが、やがてそれらの心理作用や精神状態を総称し、
代表することばとして使われるようになった。このような広い意味での煩悩には、もっとも基本的なものとして、
「三毒」「三垢(さんく)」「三不善根」などといわれる貪(とん)(執着)・瞋(じん)(憎悪)・痴(ち)(無知)がある。
これに慢(まん)(慢心)・疑〔(ぎ)、仏教の教えに対する疑い〕・見〔(けん)、誤った見解〕を加えて六煩悩といい、根本的な煩悩とされる。
このほか、潜在的な煩悩である随眠(ずいめん)、現に作用している煩悩である纏(てん)、あるいは結(けつ)・縛(ばく)・漏(ろ)など、人間の不善の心理状態を詳細に分析して、
きわめて多種多様の煩悩が説かれ、「百八の煩悩」「八万四千の煩悩」などといわれた。これらの煩悩を滅ぼし尽くすことによって解脱(げだつ)することができるのであり、
したがって煩悩はあくまで断じられるべき対象として説かれたのである。しかし後世の大乗仏教のなかには、煩悩と悟(さと)りの本質はなんら異なるものではないという、
「煩悩即菩提(ぼだい)」を主張するものも現れるに至った。このように煩悩の問題は、悟りの境地と深くかかわるため、
重要なテーマとして仏教においてさまざまな形で論じられている。

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[22] 悪妻は百年の不作

投稿者: 煩悩 投稿日:2021年 8月 7日(土)18時21分49秒   通報   返信・引用

若き日の、欲望による錯覚で選択を誤ってしまった!!
最低最悪の錯覚。
※したがって相手が最低と云う事は、己も最低なものでした。※

強烈な人生勉強でした・笑

悪妻は百年の不作

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[21] 悪性さらに止め難し 心は蛇蝎の如くなり

投稿者: 仏教 投稿日:2021年 8月 7日(土)17時35分21秒   通報   返信・引用

悪性さらに止め難し

  心は蛇蝎の如くなり

  修善も雑毒なる故に

  虚仮の行とぞ名づけたる


※善を行うことも毒が混じったものでしかありません※

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/




[20] 夏草や 兵どもが 夢の跡

投稿者: 俳句 投稿日:2021年 8月 6日(金)18時30分35秒   通報   返信・引用

松尾芭蕉

1644~94
江戸前期の俳人
名は宗房 (むねふさ) ,別号は桃青・風羅坊など。伊賀(三重県)上野の生まれ。もと伊賀上野の藤堂藩士。武士身分を捨てて町人の世界に入った。
江戸で談林派などの俳諧を学び,のち「さび」「しおり」「細み」などを根本理念とした蕉風を開拓。俳諧を芸術として確立した。
蕉門十哲をはじめ,多くのすぐれた門弟を輩出させ,各地に旅し,名句と紀行文を残した。その句風は『猿蓑』など「芭蕉七部集」にうかがうことができる。紀行文では『奥の細道』が著名。

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[19] 遂に出たな!!

投稿者: 投稿日:2021年 8月 5日(木)18時34分43秒   通報   返信・引用

大蛇

蛇の夢は金運アップの予兆を示している
蛇は、古来より「幸運」「生命力」「創造力」を意味している生物です。
そのため、夢に出ると大きな幸運、または生命力や想像力がアップするラッキーな暗示とされています。
蛇の夢を見たときにポジティブな印象を感じたのであれば、それは吉夢となります。

蛇は豊かな知恵の象徴です。

創造的なアイディアが次々と沸き起こり、物事がスムーズに進展することが期待できます。
また、生命力の強い動物である蛇は、気力・体力の充実をあらわすこともあります。
病気の人にとっては、健康の回復を意味する吉兆となるでしょう。

さらに、「神の使い」とも言われる蛇は、繁栄や幸運のシンボルでもあります。
中でも、金運の上昇をあらわす意味が強く、思いがけない財産を得る暗示になることも。
これが「蛇の夢は縁起が良い」と言われている所以(ゆえん)ですね。
蛇は幸運の使者と呼べます。

※ 機が熟したのだろうか ※

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[18] 能面

投稿者: 般若 投稿日:2021年 8月 4日(水)20時01分48秒   通報   返信・引用

般若の面

能面の一つ。奈良の僧で面打ちの般若坊の始めたという、嫉妬や怒りなどをたたえた鬼女の面。般若。はんにゃめん。
「般若(はんにゃ)」とは「仏の智慧(ちえ)」を表す言葉です。しかし般若と聞くと、恐ろしい形相の鬼の面を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
般若とはそもそもどういったものなのか、その意味を解説します。また、鬼の面や般若心経(はんにゃしんぎょう)との関係についてもひも解いていきます。
般若とは仏教用語
鬼の面の印象がある般若ですが、実は仏教と関わりの深い言葉の1つです。
般若は、古代インドの言葉であるサンスクリット語(梵語)の「プラジュニャー」やパーリ語の「パンニャー」に由来している仏教用語です。
これらの言葉の音に合わせて漢字を当て、般若と書くようになりました。
意味は「仏の智慧」です。仏の智慧とはさまざまな修業を積み、その結果得られる悟りであるとされています。
仏の智慧」について
智慧と知恵は音が一緒ですが、意味は異なります。智慧は世の中の真理を知ることを指す言葉で、時代によって変化しない普遍的なものです。
一方、知恵は頭が良い、賢い、優れているといった意味を持ち、時代とともに変化します。

仏教では、私たちはもともと、仏の智慧を授かって生まれてくるとされています。
しかし、生きていく上で生じる煩悩によって大切な智慧を見失ってしまいがちです。
そのため、仏の智慧とは学問のように学ぶものではなく、自分自身の中にあって気づくものとされています。
さらに智慧は、仏教の悟りを開くために必要な6つの善行である「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の中の1つです。

【六波羅蜜】
①布施(ふせ)
見返りを求めず施しや親切なおこないをすること。
②持戒(じかい)
戒律を守り、自分自身を戒めること。
③忍辱(にんにく)
苦しみや悲しみを耐え忍び、自分自身の心を動かさないこと。
④精進(しょうじん)
限りある生命を無駄にせず、たゆまぬ努力を重ねること。
⑤禅定(ぜんじょう)
集中力を鍛え、自分自身の心を冷静に見つめること。
⑥智慧(ちえ)
ものごとの真理を捉えること。

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[17] 善く戦う者は怒らず

投稿者: 善戦者不怒 投稿日:2021年 8月 4日(水)00時50分27秒   通報   返信・引用

善戦者不怒
(善く戦う者は怒らず)

老子によれば、「戦上手な者は、安易な挑発には乗らないもの」。
優れた名士は、武力に任せて物事を解決しようとしたりしないし、
怒りに身を任せて戦ったりしない。

※ 上手に勝ちを収める者は競争しないものだし、
上手に人を使う人はへりくだってお願いするものです。※

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/



[16] 悪口・陰口の常習者から離れよう

投稿者: 標的 投稿日:2021年 8月 3日(火)08時08分22秒   通報   返信・引用

病気です

悪口ばかりを言う人の特徴としては、強い劣等感を抱えているということが挙げられます。
他人の欠点や弱点をわざわざ口に出すことによって、自分の弱い部分を隠そうとする傾向にあります。
周囲の人から見たら、当人のコンプレックスなど些細なものかもしれませんが、
悪口を言う人は、強い劣等感を抱えているのでしょう。

悪口、陰口を言ってやめない理由とその心理
悪口を共有することで、他人との一体感と自分の安心感を得たい
自分が他人よりも上であることを誇示したい
自分との考えの違いを腹立たしく思っている
自分の利益を得たいため
自分の劣等感と自信のなさを隠したいため
悪口を言うことで相手を自分より下にして自尊心を得ようとする

自分が他人よりも上であることを誇示したい
悪口を言ってしまう人は、他人をけなすことで、
心理的に「 自分の方が上 」だと言いたいのです。

そうして足を引っ張ることで、自分の地位が
精神的に上昇した気になるのです。

悪口・陰口を発してしまうのは、その人自身の心が弱いからです。

不満やストレスを感じたとき、自分の中でうまく折り合いをつけて解消できる人もいますが、心が弱い人は処理し切れず溜め込みやすい傾向があります。
ストレスに押し潰されないようにするには、何らかの方法で発散しなくてはなりません。ストレスを解消するための方法としてその人が選んでいるのが、「誰かの悪口・陰口を言うこと」なのです。

※ 危険回避 ※

https://abc5607xyz.blog.fc2.com/


レンタル掲示板
25件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.